手作りフェルトで彩り生活

手作りフェルトで素敵な小物

 ハンドメイドの巾着袋や小物入れ、ちょっとしたインテリアにもなる小さな布製品は、日常を愛らしく彩ってくれるものたちです。こうした小物を、手作りフェルトで実現できたらすてきですよね。がま口のコインケースや、メガネケースなどももちろんすてき。
 こうした小物を簡単に作る方法のひとつが、買ってきた小物をフェルトで飾ったりして加工するというもの。コインケースなど、100円ショップで販売されているものを利用すれば金具も付いていますから、いつでも材料が手に入ります。こうした小物をばらして、フェルトシートを使って作り直すのもいいですし、部分的にフェルトで加工するのも手軽です。お好みのフェルトを使って、様々な小物を温かみのあるハンドメイドに変身させることができます。
 この場合、もちろんフェルトシートを使うのもいいのですが、それだけでは物足りないという人。フェルトを変えてみるのも良いでしょう。羊毛フェルトというのは、フェルトの、材料のままの状態のもの。つまりシート状に固めてはいない羊毛のことです。通常この羊毛フェルトは自分でフェルト化して様々な使い方をするのですが、最近はフェルトシートと羊毛フェルトの中間のような存在、つまりフェルトシートほど硬くシート化していない羊毛フェルトをシート状にしたものが販売されています。見たことのない人にはピンとこないかもしれませんが、フェルトシートよりも柔らかい、ふわふわのシートだと思ってください。耐久性はフェルトシートに劣ってしまいますが、その柔らかな表情は、バックなどの広い面積に縫い付けるとそれだけで高級感が出ます! フェルトも充分柔らかさを感じる素材ですが、羊毛フェルトを完全にはフェルト化していないシートはその数倍、柔らかみのある表現を可能にしてくれます。小物は部屋に飾ったり、持ち歩いたりすることも多いでしょうから、ぜひ一度チャレンジして欲しい素材です。

 

手作りフェルトで彩り生活Topに戻る

ページのトップへ戻る