手作りフェルトで彩り生活

手作りフェルトでインテリア

もちろんマスコットや小物、キッチングッズも、充分見栄えのするインテリアになりますが、今回はそれとは別の話です。ランプシェードやフェルトモビール、のれんやクッションがフェルトだったらすてきだとは思いませんか。クッションはシートクッションでも見栄えしますよ。フェルトで作る手作り作品は、小品になることが多いでしょうが、大きなものにチャレンジしてはいかがでしょうか。
 簡単なシートクッションの作り方を紹介します。まずはフェルトシートと手芸用ボンドを用意して下さい。ボンドで接着しながら一枚のシート状にしていきます。組み合わせ方のパターンは色々あるのですが、もっともシンプルなのは、偶数本の短冊形に切ったフェルトを、縦、横と交互に組み合わせて重ねて行き、重なり部分をボンドで接着するパターンです。縦方向のフェルトと、横方向のフェルトを異なる色のものにすればチェック柄のシートクッションが出来上がります。短冊形のものだけではなく、曲線などを組み合わせてカットすれば、無限のパターンが存在します。障子や欄間などの組子を参考にデザインを考えるのもいいかもしれません。出来上がったシートクッションは、ベンチなどにさりげなく置いておくのがおススメです。
 また、のれんであれば、マスコットをたくさん作ってつなぎ合わせてぶら下げるだけでも充分すてきなものが作れます。フェルトモビールは一つ一つの形はシンプルであっても、大きさを変えたり、色を工夫したりすれば面白いものが作り出せます。

 

手作りフェルトで彩り生活Topに戻る

ページのトップへ戻る