手作りフェルトで彩り生活

手作りフェルトでドール達のお洋服

 小さなころ、着せ替え遊びが好きだったという人にぜひおすすめしたい手作りフェルトが、ドールのお洋服作りです。ドールの人形は、小さいのがメリットでもありデメリットでもあります。布の量が少なくて済みますから、色々と大胆なチャレンジもできますが、小さいので布の端を処理するのが大変なのですね。ですがフェルトシートは複雑にカットしても端の処理が不要なので、重なりが不要なのです。また、サイズが小さくて済むので、ミシンを持っていない人でも手軽に手縫いのお洋服を作ることができます。リカちゃんやジェニーちゃんなど、手始めにお手持ちのドールにお洋服を作ってみませんか?
 フェルトシートには、厚みがあります。集めのフェルトシートを選ぶと、ドールのサイズによってはちょっとやぼったくなってしまいますので、狙っての事でなければなるべく薄いフェルトを選んで下さい。
 さて、お洋服となると、通常は型紙が必要です。ドール用の型紙もありますが、人間用の型紙を縮小して使ってもOKです。ただ、曲線をカットしやすい、デザインカッターがあると便利です。最初は、エプロンやチューブドレス、スカートなど、シンプルな形状のものを作れば、特に型紙がなくても作れるとおもいます。スカートなど、すそが広がっている円錐型のものも、フェルトなら布の縦、横を意識することがありませんので、一枚のパターンを使い、一箇所を縫い合わせるだけでも作れます。布目を気にすることなく使えるというのも、フェルトでドール服を作る場合の利点と言えます。
 また、お洋服だけでなく、ルームシューズやバック、アクセサリーなどを作って上げるのもすてきです。フェルトは伸縮に弱いという欠点を持っていますが、それは小さなものを作る場合長所にもなります。ちょっとくらいカットを失敗したとしても、少しであれば引っ張って伸ばしたり、形を整えたりすることもできます。フェルトシートだけではなく、レースやビスなどを組み合わせて、すてきな服を作って下さいね。

 

手作りフェルトで彩り生活Topに戻る

ページのトップへ戻る